スポンサーサイト

  • 2014.04.05 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    是巨人@和歌山市ラグタイム

    • 2014.04.05 Saturday
    • 17:32
    かなり久しぶりの更新。
    かれこれ1年半ぶりぐらいかな。

    書く気になったので書いてみます。

    最近は珈琲を飲むのが好きです。


    桜の花がキレイですね。
    昨日、今日と少し肌寒いですが、心配していた天気の崩れもなく、 無事に是巨人(吉田達也+鬼怒無月+ナスノミツル) の和歌山市ラグタイム公演を終える事ができました。

    iPhoneImage.png


    iPhoneImage.png

    iPhoneImage.png

    iPhoneImage.png

    いやー。圧巻のライブ。素晴らしかった!
    たたみかける様な変拍子ドラムに、超絶かつブレないギター、 うねるベース。
    日本アヴァンロックシーンを牽引する最近のトリオだけあって、 その演奏に、予備知識ゼロのお客さんも衝撃を受けていた様子。
    約2時間ものロングセットでしたが、 これだけ複雑奇々怪々な曲をしっかりと飽きさせずにきかせるのは 流石であります。

    和歌山にいながらこういった演奏をみれるというのはとても貴重な 機会ですよ。
    と、いつも思いながら、今回も新規のお客さんがきてくれた。 こうゆう時嬉しい。

    僕は身内ノリ感のするイベントは好まないので、 新規で来てくれたお客さんには出来るだけ声をかけるようにしてる

    聞くと、『ネットでたまたまライブの情報をみた』とか、『( 紙媒体)に情報が載ってたので』というお声。

    まだまだ和歌山にも僕の知らない音楽好きがいる模様。 がんばろう!


    プログレッシブロックバンド『イエス』 のフレーズいいとこどりのイエスメドレーも演奏してくれて感無量



    ラグタイムが最近サブウーハーを導入してくれたお陰でこういった ロックバンドの企画も出来るようになり嬉しいな。そして、 音もすごく良いハコ。
    是巨人のメンバーも気に入ってくれていました。

    オーナーも、PAのショウタロウ君も協力的でありがたいです。
    また今後、ロック系のイベントをする時はお世話になります。


    iPhoneImage.png

    iPhoneImage.png

    ↑是巨人の名が刻まれたー!

    是巨人メンバーの皆さん、 きさくで色々話しをしてくれて嬉しかったなー。
    他の地方の情報〜世間話まで。

    僕がやっている活動も無駄ではないなと実感。
    是非また和歌山に来て下さい。



    次回のお還りなさいは、
    グラサン輝く話題のシンガー『前野健太』のソロライブ!

    2014/5/31(土)
    前野健太
    『ハッピーランチ』発売記念ツアー:ソロ篇 @和歌山市HERON
    協力:お還りなさい

    OPEN 17:30 / START 18:30

    前売¥2500 / 当日¥3000(別途ドリンク代)

    出演
    ■LIVE
    前野健太

    ■O.A(オープニングアクト)
    ペニー・スー

    devicespace HERON
    和歌山市屏風丁13 吉田ビルB1F
    TEL:073-427-5550


    iPhoneImage.png

    20120822OLDTIME×お還りなさいpresents KIKI BAND TOUR2012 DINOSAUR SCRAMBLE in WAKAYAMA@和歌山市OLDTIME

    • 2012.08.24 Friday
    • 23:44
    こんばんは。

    金曜の夜ですが、今日はしっぽり家で晩酌です。

    さて、先日の「OLDTIME×お還りなさいpresents  KIKI BAND TOUR2012 DINOSAUR SCRAMBLE in WAKAYAMA@和歌山市OLDTIME」

    無事終了しました。ご来場頂いたお客様有難う御座いました。

    いつものごとく写真とともに振り返りましょう。






    今回のオープニングアクトの鈴木俊君。

    去年の「梅津和t時×鬼怒無月DUO」の時に引き続き今年も登場です。

    今回はソロという事でじっくり演奏を聴けました。

    僕はピアノがどうとかわからないのですが、彼の演奏には引き込まれます。(ソロでやる時には特に)

    なんかイケメン風ピアニストみたいな名前がついてるみたいですが、そんなのは抜きにして彼の演奏はもっと聴きたくなります。

    またじっくりとソロで聴きたいです。



    そして、お待ち兼ねのKIKI BAND!!

    メンバーは、

    梅津和時(sax、etc)
    鬼怒無月(g)
    早川岳晴(bass)
    ジョー・トランプ(ds) from USA

    豪華すぎる!!

    鬼怒さんのギターがキレまくる。かつ冷静な素振りとのギャップが見ていて楽しい。

    梅津さんの怒涛のサックス。感情的な梅津さんのサックスはドキドキする。

    早川さんの激シブベース。初めて拝見しましたが、佇まいもカッコイイ。

    ジョーさんの爆裂ドラム。(すいませんアップで撮れず。。)
    たどたどしい日本語のMCもおちゃめで、このバンドのムードメーカー的存在なのかなと感じました。


    昨年のデュオとはうって変わって激しく情熱的なライブ。。
    ツアー各会場の盛り上がりも納得です。


    今回のツアー限定Tシャツはなんと今回の和歌山公演のクレジットも!

    もちろん購入!

    サインをしてもらっているお客さんもいました。

    このTシャツ、デザインも素材も良いですよ。早速週末着よう。


    というわけで、濃厚な内容で、来て頂いたお客様は満足して頂けたかと思います。

    また、今後も色々な形で開催できたらと思いますので宜しくお願いします!

    20120728西光祐輔作品集『mound』リリースイベント 新しい景色@新和歌浦Bagus 

    • 2012.08.19 Sunday
    • 16:39
    暑い夏が続きます。

    かなり遅くなりましたが、7/28(土)に開催された、西光祐輔作品集『mound』リリースイベント 新しい景色@新和歌浦Bagusの記事をアップします。

    2年ぶりのBagusでの主催。今回はいつも仲良くしている中谷君との共同主催。

    彼と一緒に企画する事によって、今回は美術会の方々の出演もたくさん。

    そして西光さんの新作品集のリリースイベント。記念すべきだ。

    僕は写真を詳しいわけではないか彼の写真はすごくいいと思う。

    今年の5月に、彼が和歌山の酒蔵にて写真展を行ったのですが、ひょんな事から搬入などもお手伝いする事になり、仲良くなった。

    「面白い人」だなぁという印象。

    そして、写真。

    西光さん本人の感じとか雰囲気がプンプン匂う写真。愛すべき何かがそこにある写真だと思いました。

    皆さんも一度みてみて下さい。


    さて、イベントの方のお話に。写真で。



    オープニングはテニスコーツ。さすが、「テニスコーツ」という空気感を一気に作り上げてしまった。


    梅田さんが西光さんの写真を風船にぶらさげて飛ばす。遺影みたい。



    金氏徹平+飯川雄大+Spirit of CamomileFlower with Mamaradion。
    金氏さんがリアルタイムで作る造形。それを岩肌にリアルタイムに写す飯川さんの映像。Spirit of CamomileFlower with Mamaradionさんの音が鮮烈。


    西光さんのスライドショー。実はこれ海の上にスクリーンがたっています。
    水面にも月がうつる。


    からの、まさかの鮫出現。




    そして、オオルタイチ+ウタモ+トンチ。浜辺のライブはやはり格別。


    最後にもう一度テニスコーツのライブがあったのですが、僕はお客さんの送迎で見れず。。

    残念。。相当良かったとききました。。



    そんなこんなでBagusでも普段はできない砂浜でのライブ。

    準備から片付けまであたふたな感じでしたが、お客さんにはゆっくりしてもらえたのかなと思います。

    東京からもたくさんお客さんが来てくれていて、和歌山の海を満喫していただいたようでなにより。

    個人的には、普段ふれる機会のない美術家の方達とお話・イベントをする事により、すごくエネルギーをもらいました。

    美術家の方達のパワー。すごいですよ。

    これには、ハッとさせられる。

    是非また来年も実現したいな。






    加太の満幸のしらす丼に植野さんもおおはしゃぎ。




    6/30裸に還りな祭vol.2終了

    • 2012.07.06 Friday
    • 20:06
    こんばんは。
    遅ればせながら、先週の「裸族×お還りなさいpresents 裸に還りな祭vol.2」の記事を書こうと思います。

    会場はOLDTIME。


    フライヤー。なかなか評判良かったです。



    この日は天井に白バルーン+映像のデコレーション。



    まずは裸族メンバーの横井くんと深見くんのユニット【藁Na縄No罠】。

    DJセット+E.Gt。若い感じはしましたが、きっちりとやっていけば面白い感じにはなりそう。



    そして、早速の【BOGULTA】!

    相変わらずカッコイイ。


    新生BOGULTAは銀河さんを迎えての編成。



    そしてNANIさんの爆裂ドラム!

    演奏中に天井のバルーンにサインも。



    DJブース。



    そして、【犬風+村井英晃(from 犬餓村)】


    轟音の中時折垣間見る犬風さんのVo.がなんとも乙。



    そして、【Vampillia】!


    今回は、VO、Gt、Bass、バイオリン、コントラバス、ピアノ、ドラム、エレパの9人編成。

    Vampilliaはなんだかんだで毎年お還りなさいイベントで和歌山の来てもらってるが、初めてみるメンバもー。



    今回はVo.ピエールが冴えていたなー。
    ハードコアのライブを見たくなる気分になった。




    そして、カメンダンス。


    今回フンドシじゃなかったなー。

    大所帯の圧倒的な音圧で和歌山の市民を脅かした事でしょう。

    Vampillia評判良かったですぞ!


    そして、裸族のボス、ヤムさん率いる【アナログエイジカルテット】!




    に続き、和歌山髄一のノイジシャン【蒸発都市】!の怒涛のラストスパート!







    からの打ち上げー。わわわわー。


    板○えいじも参戦するし、ビールはおいしいし、なんとも楽しい打ち上げで御座いましたよー。
    カラオケいきたいなー。


    次回の裸族との共同開催は9月を予定しておりますので乞うご期待!!

    20120603お還りなさい其の拾壱〜キツネの嫁入りレコ発〜

    • 2012.06.09 Saturday
    • 11:12
    こんにちは。少しおそくなりましたが、先週日曜日のお還りなさい其の拾壱〜キツネの嫁入りレコ発〜の模様を書いてみようと思います。

    photo by tutty 

    祝砲酒造資料館1F。今回の会場でございます。





    まずは、松本陽太。相変わらず同い年とは思えない渋さ。
    オリジナル曲もまたいいんですよね。


    続いて、N'djamenan;jamena(ンジャメナンジャメナと読みます)。
    去年のトクマルシューゴの時にも出てもらいました。相変わらず爽やか〜。
    キツネの嫁入りのマドナシさんとの絡みが終始面白かったー。


    休憩中。バーカウンターも盛り上がる。


    そして、オオルタイチ+ウタモ。
    この場所で聴けて感激。そして、ウリチパン郡の曲も演奏していただいてさらに感激!!
    「夢の山」という曲、すごく良いです。
    オオルさんは昔、友ヶ島にも行かれた事もあるそうで、お二人ともすごく和歌山を気に入ってくれたようです。嬉しい!

    photo by tutty 

    そして今回主役のキツネの嫁入り!!

    今回、2ndアルバム「俯瞰せよ、月曜日」を予習しまくってたので、ヒットソングのオンパレードのように楽しむ事が出来た。

    VO.Guitar. マドナシさん photo by tutty 

    Cho.Piano.Accordion.木琴. ひさよさん photo by tutty 

    Cho.Contrabass. 藤井先生 photo by tutty 

    Drums.percussion. カギさん photo by tutty 

    いやぁかっこよかった。
    和歌山の方は初めてライブを観るという方が多かったと思いますが、皆くちぐちに「良かった!」との声が。やっぱりいいライブを観ると反応もストレートで気持ち良いですね。

    アンコールもありで大盛り上がりでお腹いっぱいのところに、間髪いれず、

    photo by tutty 

    何故かモチ投げ。

    photo by tutty 


    「なんでモチ投げなんだ。。」と言いいつつもマドナシさんにも投げてもらう。


    photo by tutty 

    そして、そこからの鏡割り。

    実は、この祝砲酒造を2週間おかりして開催していた、こちらのイベントの最終日だった事もあってこうゆう演出をしていただきました。

    photo by tutty 

    こちらが祝砲酒造の社長さん。2週間お世話になりました。


    そして、藤井先生がいい感じだったり、マドナシさんと王将トークで盛り上がったり、松本君の佇まいが面白かったりと、楽しい打ち上げ後の1ショット。

    photo by tutty 

    ちょっと書ききれないくれい楽しい一日でした。

    マドナシさんに紹介したいラーメン屋がまだまだあるので、また和歌山に来てもらうしかないですね。

    僕が京都に行った時は宜しくお願いします。

    センパイ!たくさんの写真有難う御座います!がっつり使わせて頂きましたー。




    さて、次のお還りなさいは、6/30(土)裸族×お還りなさいpresents「裸に還りなさいvol.2」!!

    GUEST LIVEには、7月にVoid Ov Voices (Attila Csihar from Mayhem,Sunn O))) )を日本に招待し、 自信のファーストアルバム「some nightmares bring you aurora rainbow darkness」を、Ben Frostをプロデューサーに、マスタリングにBjorkのプロデューサーとしても知られるValgeir Sigurdssonを迎え制作している「Vampillia」に、元ZUINOSINのメンバー砂十島NANI率いる「BOGULTA」が新編成で登場!JOJO広重氏が自信のブログで「村八分が花電車と結婚した感じ」と称するバンド、犬餓村よりギター&ベースの「犬風+村井英晃(from 犬餓村)」!目の離せないラインナップに仕上がっています!!!!!!

    ●2012/6/30(SAT)裸族×お還りなさいpresents「裸に還りな祭vol.2」@和歌山OLDTIME

    ■OPEN~18:00
    ■START~18:30
    〜TICKET〜
    ADV¥1500(+1D別途¥500)
    DOOR¥2000(+1D別途¥500)


    〜GUEST〜


    ■Vampillia(大阪)

    ■犬風+村井英晃(FROM犬餓村)(大阪)

    ■BOGULTA(大阪)



    ■アナログエイジカルテット(和歌山)
    ■藁Na縄nO罠(和歌山)
    ■蒸発都市 (和歌山) 

    〜DJ〜
    ■まいまい
    ■お還りなさい
    〜SHOP〜
    ■ランラン
    〜FOOD〜
    ■土人食堂 

    ■詳細 お還りなさいHP http://okaeri-nasai.main.jp/index.html

    @和歌山OLDTIME
    TEL:0734281950
    ホームページ→http://www.first-take.co.jp/oldtime/
    メール→oldtime@aioros.ocn.ne.jp


    ヨシダダイキチ+アルングシュ・チョウドリィ@和歌山

    • 2012.06.06 Wednesday
    • 15:47
    こんにちは。6月となりました。初夏の兆し。


    先日のお還りなさいの模様を。


    6/2(土)ヨシダダイキチ+アルングシュ・チョウドリィ@紀の川市ガネーシュ


    インド音楽ライブ。

    僕自身インド人のチョウさんのタブラを観るのは初めてでしたが、その超絶さに唖然。

    尚且つサービス精神の強いチョウさんは終始「笑顔」。

    photo by かよんさん

    タブラを手玉に転がしているような印象もうけましたよ。



    ↑ヨシダダイキチイベント恒例のリーズナブルな会場限定物販。

    ライブ終了後、ガネーシュのカレーを食べたチョウさん

    「アメイジング!!」

    の一言。そうガネーシュのカレーは、本場の方が食べてもおいしいという事が証明されたのです。

    ガネーシュの店長、赤川さんすごく喜んでました。


    photo by かよんさん


    赤川さん「もっと色々喋りたいのに、こうゆう時英語もっと勉強しとけば良かったー。」



    僕もつくづくそう思います。

    そんなガネーシュの赤川さんが10/21(日)に緑化センターにて、マーケットやライブもあるでっかいイベントを企画中との事。これすごい良いイベントになる予感ですよ!


    チャイとカレーの店 ガネーシュ




    翌日6/3(日)の夜にも祝砲酒造資料館でもお二人のライブがありましたよ。


    photo by かよんさん

    そちらの方は、フォルテの花光さんにおまかせっきりでしたので、少しか参加できなかったのが残念。

    ダイキチさん曰く「チョウさんは、ここ最近本国(インド)でかなり偉くなってきてるから、次来てもらうのはなかなか難しいかも」と。

    もし、また和歌山に来てもらえたらその時は絶対に観るべしということですな。


    さて、6/3(日)のお昼にもお還りなさい企画のキツネの嫁入りレコ発イベントがあったのですが、そちらの方はまた次回アップさせて頂きますー。


    20120528青葉市子 旅のうたびこ独奏会2012@和歌山祝蔵(祝砲酒造資料館)

    • 2012.06.02 Saturday
    • 03:35
    こんばんわ。いや、おはようございますか。。

    約半年と少しぶりの更新になります。心機一転、新しいブログでも始めようかなとも思いつつ、
    結局このブログを続行しようかなと思いました。

    久しぶりにブログを書こうと思ったのは、新しいカメラを購入した&最近はバタバから開放されたという理由もありますが、
    先日、お還りなさいにて開催しました、青葉市子さんのライブを見て、感動を覚え、何か記したいと思ったからであります。

    ことの発端は、いつもお世話になっている、北原さん(ヤムさん)率いる和歌山の良質ロックイベント「裸族」が、「青葉市子さんを和歌山に呼びたい」というところから始まりました。

    もちろん僕も青葉市子さんについては以前から知っていましたし、いちイベンターとして気になる存在でありました。

    間は割愛し、

    そんなこんなで二転三転し、僕の主催する「お還りなさい」と「裸族」とで共同主催という形で青葉市子さんが和歌山に来て頂けるわけになったのです。

    で、話は早送りでいざ当日。。。

    初めてお会いした青葉市子さんは、小柄ですごく可愛らしい女の子。という印象でした。

    彼女は出会って間もなく、「和歌山はのんびりしていていいところですね。」と言ってくれました。

    思わず僕は「南国気質なので、みんなネジが一本抜けているんですよー。」と。




    (中略)




    リハーサルも無事終わり、いざ本番。

    たくさんのお客さんが来てくれました。


    青葉さんもおっしゃていたのですが、このツアーの為にはるばる台湾から、岡山、大阪、和歌山と3公演来てくれいてるお客さんもいらっしゃたのだとか。
    その他にも、県外から来られたお客さんも多く、大変嬉しく思いました。


    演奏が始まると、灯りは青葉さんのみを照らし、会場は何も言わずとも静寂を手に入れた。

    静寂の中から、青葉さんの透き通る歌声はまたたく間にその場にいた者を魅了した。。

    時折ある、人間味あるMCもまた魅力的で。。


    とまぁ、文才の無い僕はこれ以上の表現は出来ないのですが、

    ひとつ言える事は、自分の中で一種の「革命」が起きた。そんな感じです。


    以前、僕が企画したイベントで、出演して頂いたミュージシャンの方に「特別な夜でした。」と言って頂いてすごく感激した覚えがあります。企画やっててよかっと思いました。

    それと同じような感覚を今回のライブで僕自身感じました。

    僕が七尾旅人さんのTシャツを着ていた事もあり、七尾さんの「圏内の歌」も歌ってくれました。

    これだけで、泣きそうになったのに、「奇跡はいつでも」を聴いた時は、なんだか気がつけばちょっぴり泣いていました。

    あれー。不思議だなぁ・・・


    演奏終了後も、CDを買ってくれた方々に丁寧に丁寧に、ひとりずつに合わせて絵(サイン)を書いてくれたり、一緒に写真を撮ってくれたり。。



    と、終始青葉さんの優しさが感じとれました。



    その後、楽しい打ち上げもお付き合い頂いて。。有難う御座いました。






    また、是非和歌山に来て欲しいなーー。いや、なんか勝手にご縁を感じるなー。と思いつつ。



    こんな事言うのは性に合わないですが、

    青葉市子さん本人も、それを取り囲む人・環境も、「愛が溢れている」と、ふと感じたそんな一日でした。。。

    いや、ほんとそんなの性に合わないですが、素直にそう思ってしまいました。









    青葉さんも和歌山の事をブログに書いてくれてましたよ。

    20111011トクマルシューゴ氏出演決定

    • 2011.08.18 Thursday
    • 21:29

    こんばんは。

    すっごい久しぶりの更新。


    久しぶりなので色々と身の回りの環境もかわりました。

    さて、

    10/11(火)お還りなさい其の八に

    トクマルシューゴ氏が出演決定致しました。

    ※詳細はお還りなさい http://okaeri-nasai.main.jp/index.html



    西日本方面でのライブのついでに和歌山に寄っていってくれる事になりました。

    拍手喝采!


    早くしないとチケットなくなると思いますでよろしくです。しかも限定70人なので。

    ステージ近いよー。

    前日10/10(月・祝)は徳島の「秘響」企画で、シネアルテでライブだそう。

    いっそのこと両方行っちゃえー!


    和歌山の横井雄也君も共演決定。頑張ってねー!!

    あー。ホルモン食べたい。。



    『お還りなさい其の八』

    [日時]:2011年10月11日 (火)
        開場19時/開演19時30分/終演22:00

    [会場]:和歌山・devicespace HERON 
    http://www.hero-n.jp/
    [出演]:トクマルシューゴ/横井雄也and more
    [チケット]:前売¥2,500(D別) / 当日¥3,000(D別) ※限定70人
    [お問合せ]:お還りなさい 
    http://okaeri-nasai.main.jp/

    チケット購入法方
    HERON店頭で直接ご購入頂くか、
    メール予約の場合は、お名前(フルネーム)・ご連絡先・枚数を明記の上、
    お還りなさい<
    okaeri.info@gmail.com>まで、
    送信して下さい。折り返しのメールが届いた時点で予約完了となります。
    尚、メール予約の場合は当日精算となります。
    人数制限がある為他のお客様のご迷惑となりますので、メール予約後のキャンセルはご遠慮下さい。

    ヨシダダイキチ+U-zhaanの西日本ツアー!終了!

    • 2011.06.16 Thursday
    • 16:17

    ヨシダダイキチ+U-zhaanの西日本ツアー!無事終了いたしました。

    ご来場頂きました皆様、会場の方々、有難う御座いました。

    全公演おかげ様で大盛況で御座いました。




    福岡北九州市ケイトミュージック様

    広島ヲルガン座様

    岡山padang padang様

    米子grassonion様

    紀の川市ガネーシュ様

    和歌山市法林寺様



    有難う御座いました!

    前回のヨシダダイキチ氏のスルバハール(巨大低音シタール)ツアーに引き続きのお還りなさいpresentsのインド音楽ツアー。

    やはり今回も毎日聞いてても全く飽きなかった。そして終始かっこよかった。


    古典をべースにした即興演奏で、なおかつその日の客層に合わせて演奏を変えていっているからでしょう。





    米子での2人のイケイケ具合はやばかった。ギンギンだったなー。みんな凄い踊ってました。


    和歌山市の法林寺ライブでは、急遽環ROY氏がラップで参加。檀家さんの前で韻踏み。シタール×タブラ×ラップの奇妙な空間に!




    U-zhaan氏にも仲良くしてもらえてよかった。



    和歌山市法林寺のライブが終わってから少し休んでるところ、

    どうやらU-zhaan氏は寝る時、足の位置を高くして、頭に何かのせると落ち着くらしい。



    この後、急遽出演して下さった環ROYさんの深夜のライブを見にいかなければならないというのに、全然動きませんでした。(ちゃんと環さんのライブは見に行きましたよ。)


    (※尚、東日本大震災への義援金は、収益の一部から日本赤十字社を通じて、約3万円募金する事が出来ました。有難う御座いました。)



    さて、次回のお還りなさいpresentsですが、OLD TIMEさんとの共催で、

    7/14(木)@和歌山市OLD TIMEにて、

    RCサクセションのサポートサックスとしても活躍されていた梅津和時さんと、

    ROVOの勝井祐二さんとのレーベルや、ボンデージフルーツのギタリスト、鬼怒無月さんのデュオライブ!!

    オープニングアクトとは、和歌山在住の人気アイリッシュポップユニット「イダトピンガラ」のピアニスト鈴木俊君と、今夏からノルウェーに出発する実力派ピアニスト田中鮎美ちゃんとのピアノ即興ライブ!



    「梅津和時(sax.cl)×鬼怒無月(Aco.gt)duo tour !!」
    @和歌山市OLD TIME

    2011.07.14(thu)
    open19:00 / start20:00
    adv¥3000/door¥3500(without drink)
    O.A:田中鮎美(Piano)×鈴木俊(Piano / from イダトピンガラ)

    OLD TIME
    〒640-8002 和歌山市北新5-70 ひめビル1F  
    TEL/FAX 073-428-1950











    お還りなさいpresents ヨシダダイキチ+U-zhaanの西日本ツアー!!

    • 2011.06.05 Sunday
    • 22:20

    こんばんは。バッタバッタとしてました!


    お還りなさいpresents ヨシダダイキチ+U-zhaanの西日本ツアー!!

    開催中です!

    僕は7日の広島から参戦です!


    ヨシダダイキチさんから頂いた、U-zhaanさんとのライブ音源を聴きながら勉強中です!!

    これがものすごく良い!ヨシダダイキチさんの高速シタールと、U-zhaanさんの超絶タブラが唸る!!

    インド音楽というのは不思議なもので何回聴いても飽きないなぁ。ファンタスティック!!



    前回のヨシダダイキチさんのスルバハール(巨大低音シタール)のソロも「土に還れた!」とのコメントを多数お寄せ頂いて大好評でしたが、

    今回のU-zhaanさんとのシタール&タブラは全く違って、テンション高めのライブになりそうで楽しみ!!みんなで声をあげよう。






    6/3(金)福岡北九州市ケイトミュージック
    開場19:00/開演20:00 前売¥2500 当日¥3000(ドリンク代別途)
    福岡県北九州市小倉北区大門2-3-6 葭本(ヨシモト)ビル1F TEL 093-561-8314
    http://www.kate-music.com/

    6/7(火)広島音楽喫茶ヲルガン座
    開場19:00/開演20:00 前売¥2500 当日¥3000(ワンオーダー)
    広島市中区十日市町1丁目4-32 森本ビル2F TEL 082-295-1553 
    http://www.organ-za.com/

    6/8(水)岡山Padang Padang
    開場19:30/開演20:00 当日券のみ¥2800 (1ドリンクと1インド小カレー付)
    岡山県岡山市北区表町1丁目7-10帝国ビル1F TEL 086-223-6665
    http://www.padangpadang.jp/

    6/9(木)米子grassonion
    開場20:00/開演21:00 前売¥2000 当日¥2500
    鳥取県米子市四日市町86 SKYビル2F TEL 0859-31-5102
    http://grassonion.com/


    6/10(金)和歌山紀の川市チャイとカレーの店ガネーシュ
    開場18:30(カレー19:30LO)/開演20:00 前売¥2500 当日¥3000(ワンオーダー)
    和歌山県紀の川市西三谷214 TEL 0736-60-2262
    http://ganesh-curry.net/
    協力:和歌山音楽愛好会フォルテ TEL 073-422-4225

    6/11(土)和歌山市法林寺
    開場18:00/開演19:00 前売¥3000 当日¥3500
    和歌山県和歌山市北新1丁目1 TEL 073-423-9916
    協力:和歌山音楽愛好会フォルテ TEL 073-422-4225


    ヨシダダイキチ(シタール)
    1996年よりインドにてシタールを始める。 ウスタッド・シュジャート・カーンの弟子。
    ボアダムス・YOSHIMIとのsaicobaba、AlayaVijana、 sitaar-tahで活動。saicobaba5枚、AlayaVijana4枚、 sitaar- tah3枚のアルバムをリリース。
    UAのアルバム『ファティマとミラ』、『テュリ』を楽曲 提供、朝崎郁恵アルバム『はまさき』をプロデュース、 『シタールのほん』執筆、ポカリスエットCM参加、 06年フジロックフェスティバル出演。
    ダライラマの「世界聖なる音楽祭」出演。
    灰野敬二、タブラ奏者アルナングシュ・チョドリ、ガムラングループ 「スダマニ」、ヘナード・モタ、パトリシア・ロバート、 マルコス・スザーノ、ジム・ オルーク、ほか共演。

    ホームページ http://www.yoshidadaikiti.com/
    Myspace(試聴) http://www.myspace.com/yoshidadaikiti


    U-zhaan(タブラ)
    インドの打楽器、タブラの奏者。ザキール・フセイン、オニンド・チャタルジーにタブラを師事するために、毎年インドに出かける。00年からASA-CHANG&巡礼に加入して、『花』『影の無いヒト』など4枚のアルバムをリリース。
    02年発表した「junray song chang」はイギリスleafのベストセリングCDとなりWIRE誌のベスト4アルバムに選出される。フジロックフェスティバル7回出場。アルバム『みんなのジュンレイ』には小泉今日子、ハナレグミらも参加。2004年にはインドでソロ公演。
    04年にヨシダダイキチとAlayaVijanaを結成し、ボーカルにUAをフィーチャーしたアルバム『AlayaVijana』をリリース。
    UAやハナレグミのライブサポートや、rei harakamiとのユニット、原田郁恵(クラムボン)、七尾旅人との共演、HIFANA、chari chari、Polaris、つじあやの等の録音参加 など、インド古典音楽からJ-popまで幅広く活動している。
    ホームページ http://u-zhaan.com/

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM